NTTデータの年収や福利厚生を徹底解説!転職するためには?

NTTデータの仕事についてまとめました。

この記事では主に「年収、福利厚生、転職のコツ」についてまとめています。

会社概要

NTTデータの会社概要は以下となります

会社名 NTTデータ株式会社
設立年 1988年
従業員数 11,310人
本社所在地 東京都江東区豊洲3丁目3番3号豊洲センタービル
売上高 2兆1,636億2,500万円(2019年3期)
当期純利益 936億1,600万円(2019年3期)

事業内容

NTTデータは様々な事業を展開しています。具体的な事業内容をご紹介します。

官公庁・自治体・教育

公共分野のシステムをはじめとして、金融、通信、製造、など法人向けのシステムを中心に、さまざまなビジネスの変革をITの力で築き上げてきました。

NTTデータが生み出す価値の幅は、技術が拡大するにつれて更に拡がりをみせています

医療・ヘルスケア

まず日常的に起こる病気の予防や健康の増進のための健康管理システムを図っています。

さらに、医療に関わるさまざまな情報を共用することで病院間の効率化・高度化を図るため地域医療連携ネットワークや救急搬送システムなど、あげればキリがないてすが、さまざまな視点から暮らしの安全・安心を支えるサービスを展開しています。

私も、利用したことが何度もありまさが、この地域医療連携というのは、ほんとに便利というか助かります。

クリニックから、大きな病院へ医療情報、予約など病院側がしてくれるのでこちらは、紹介状を持って行くと、担当の窓口で簡単に必要な受診を受けれるよう手配してくれます。

銀行・保険・証券

特に政府系の金融機関へのアウトソーシングによる業務のを効率化、サービス向上の支援をしています。

さらに、証券、信用金庫・信用組合、JAバンクなど幅広く、規模や目的に応じたシステムを提供しています。

クレジット・決済

クレジット会社とお店、もしくは行政などの決済・出納窓口とを結びネットワークシステムを開発しています。

また、電子マネーセンターやクレジットの認証システムを築くことにより、キャッシュレス社会へに貢献しています。

日本も、アメリカなど先進国に追づいするかのようにクレジットカードを使うことに抵抗がなくなっているように思いますね。

通信・放送

Webアクセスでの決済サービスなど、簡単にいろいろな機能のあるスマホやタブレットがあります。

その、安定したサービスを支えるシステム基盤を運用しています。

流通業界や放送業界の顧客管理システムの開発を通して、お客さまの事業の発展に貢献しています。

※そもそも、IT業界とは?

ITとは「Information Technology=情報技術」の略です。

携帯電話や電子マネー、インターネット、など私たちの日常生活をより便利なものにしていす。

ITは今や、官公庁、企業などにおいて効率的なサービスや仕事を行うために欠かすことのできない存在となってます。

IT業界はビジネスの領域や扱う製品・サービスなどによって以下の仕事内容のように分類することがます。

NTTデータは特に、情報サービス産業の中でも「システムインテグレーター」として飛躍しています。

システムインテグレーター

ITを使って築かれる情報サービス企業のことです。

お客さまの仕事内容を把握して、問題解決のためにコンサルティングから設計・運用を請け負うのが業務です。

NTTデータは、トータルにコンサルティングから運用の全工程を一貫して請け負いコーディネートします。

仕事内容

上に、注意書きした通り、非常に難しい言葉が出てきてますが、とにかく、NTTデータは、情報システム管理に伴う仕事を行っています。

以下、見てください。

SE(サービスエンジニア)・営業

SEや営業につきます。

SE部門

システム設計・開発などシステム構築のスペシャリストを目指します。

設計・開発経験やSE系の研修などを通してシステムエンジニアのスキルを学びます。

ゆくゆくは、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントのスペシャリストを目指します。

営業部門

お客さまへ、営業のスペシャリストとしてシステム企画・提案活動などを行います。

顧客営業やソリューション営業、コンサルタントとしての活躍が期待されています。

建築系ファシリティマネジメント

データセンターの防災設備や情報通信、電気設備、空調設備をマネジメントして専門家としての高い技術をもって仕事にのぞんむことになります。

建築系ファシリティマネジメントとしてスペシャリストを目指します。

電力系ファシリティマネジメント

信頼性の高い電力を供給するコンピュータシステムの構築に対して、戦略立案、維持管理してマネジメントの高い専門性の仕事に付くことになります。

そして、ゆくゆくは、電力系ファシリティマネジメントのプロフェッショナルとなることを目指して下さい。

法務スタッフ

法務全般に関わり、企業に対して専門性の高い仕事に従事します。

経験を積んで、法務のスペシャリストとしての活躍が見込まれています。

財務スタッフ

税務、財務分析、会計決算、などの財務や経理関連のスペシャル性の高い仕事につきます。

グローバルに拡大するビジネスを支える財務の専門家として働きます。

人事スタッフ

人事全般のスペシャル性を磨き、専門家として人的リソース管理、人事施策の企画・運用や人事関連制度の構築など、幅広い仕事が待っています。

勤務地(事業所・工場所在地)

次に勤務地を見てみましょう。全国に事業所があります。

本社・支店

本社(東京)、北海道(北海道)、東北(宮城県)、 東海(愛知県)、西日本(大阪府)、中国(広島県)、九州(福岡県)、海外 香港など営業支店

研究所

NTTデータ経営研究所(東京)

平均年収

有価証券報告書によると、NTTデータの平均年収は828万円でした。

30代の年収で、約720万円。50代だ平均で1,005万円なります。

ボーナスは30代前半で年間178万円。課長や部長など役職が変わるとさらに上がるでしょう。

平均年齢・勤続年数

有価証券報告書によると、NTTデータの平均年齢は38.7歳、平均勤続年数は14.9年でした。

有給取得状

厚生労働省によると、NTTデータの有給休暇消化率は88.1%でした。

残業時間

厚生労働省によると、NTTデータの残業時間は月平均24時間でした。

福利厚生

次に福利厚生を見ていきましょう。

住宅関係

住宅補助制度

出産・育児

  • 出産前後:予定日前6週間目から出産後8週間まで産前産後休暇可能
  • 育児中:生後満3年までの子を有する期間育休可能
  • 子が小学校3年生修了するまで、一定期間の短時間勤務が可能

保険・資産形成支援制度

  • NTT健康保険組合、厚生年金、NTT企業年金基金、雇用保険、労災保険
  • NTTデータ持ち株会
  • 電気通信共済会などへの加入、退職金制度

その他各種制度

NTT病院、宿泊施設、スポーツジムの利用補助、万歩計使用促進など

評判・口コミ

NTTデータに勤務する社員の方からの評判・口コミをまとめました。

年齢:40代 年収:880万円 職種:部長代理

近年は、残業イコール悪という企業体質に激変しました。

逆に、新入社員などの若手は、モチベーションを保つのが難しくなっているように思う。

年齢:30代 年収:689万円 職種:システム開発

NTTデータではシステムエンジニアとして、システムの開発を行っています。

NTTデータのいい点は自分の業務以外にも、さまざまな活躍の場を与えてくれることです。

年齢:20代 年収:554万円 職種:営業

NTTデータでソリューション営業を担当していて、主に新しい商品やサービスを担当しています。

NTTデータは働きやすい環境が整っていて、若手社員でもどんどん仕事を任せてもらえる社風があります。

まとめ

ITでお客様の事業成長や、社会に変革のうねりを起こす存在となることを目指しています。

本記事のまとめ
事業内容
  1. 官公庁・自治体・教育
  2. 医療・ヘルスケア
  3. 銀行・保険・証券
  4. クレジット・決済
  5. 通信・放送
  6. 注意書き:そもそもIT業界とは?、システムインテグレーター

仕事内容

  1. SE(サービエンジニア)・営業
  2. 建築系ファシリティマネジメント
  3. 電力系ファシリティマネジメント
  4. 法務スタッフ
  5. 財務スタッフ
  6. 人事スタッフ

福利厚生

  • 住宅関係
  • 出産・育児
  • 保険・資産形成支援制度
  • その他各種制度