日本通運の年収や福利厚生を徹底解説!転職するためには?

日本通運の年収や福利厚生を徹底解説!転職するためには?

日本通運の仕事についてまとめました。

この記事では主に「年収、福利厚生、転職のコツ」についてまとめています。

会社概要

日本通運の会社概要は以下となります。

会社名 日本通運株式会社
設立年 1937年10月1日
従業員数 31,871人
本社所在地 東京都港区東新橋1丁目9番3号
売上高 2兆1,000億円(2019年3期)
当期純利益 490億円(2019年3期)

事業内容

日本通運は様々な事業を展開しています。具体的な事業内容をご紹介します。

国内輸送事業

全国陸・海・空をトラック、鉄道、船、航空機を用いてネットワークを構築しています。

トラック輸送

業界内シェア率ナンバー1であり、全国各地に網羅したネットワークが強みです。貨物の1つ1つを管理しているアロー便では貨物の所在をホームページから確認することが出来ます。

鉄道輸送

トラックの集荷、配達と連携して荷物を届ける複合一貫輸送サービスになります。10トントラックと同サイズのコンテナでスムーズな輸送切り替えを行ったり、冷凍、冷蔵コンテナなど様々なコンテナなどがあります。

国内航空輸送

企業間の物流を繋ぐハイスピードな郵送になります。緊急性が高い貨物や精密機械、低温輸送を行います。

国内海上輸送

全国8か所の主要港を結び7隻の定期高速船で運用します。1度に大量の貨物、コンテナを取り扱うことが出来る上に、貨物が痛むことが少ないため、飲料や建材、農作物から精密機械など様々な貨物を取り扱っています。

国際輸送事業

国際航空輸送、海上輸送を運用して世界にネットワークを広げています。

国際航空輸送

1000路線以上の航空路線を使用して世界中にネットワークを広げています。メンバー登録を行えばオンライン上で利用料金、手続き、貨物の輸送状況を照会することが出来ます。

国際海上輸送

輸入業務、輸出業務を行っており、通常梱包から特殊梱包などを受託しており、トラック輸送と連携して目的地まで貨物の輸送を行っています。

国際鉄道輸送

鉄道輸送を用いて海上、航空、トラックと連携して様々な輸送サービスを行います。主にアジア、欧州を結ぶ鉄道ルートやシベリア鉄道を使用したサービスを用意しています。

専門輸送事業

企業のオフィス移転、美術品などの専門貨物を取り扱っています。

引っ越し・移転

オフィス移転では年間25,000件の業界内ナンバー1の実績を生かし、そのノウハウをオフィス移転にとどまらず国内外の引っ越しサービスを提供しています。

重量品輸送・建設

重量品からハイテク機器などの特殊輸送を行っています。内容は発電関連機器や建設、メンテナンスに必要な重量級機材、液晶や半導体関係などの精密機械などを国内外問わずネットワークを駆使して展開しています。

警備輸送

レベルの高い自社警備員とGPS、防犯装置を使った安全な輸送業務を行っています。国内シェアはナンバー1になっており、金融機関や集配金サービスなどを行っています。

美術品輸送

絵画、屏風、陶器、甲冑などの国宝級の美術品を熟練スタッフが梱包し美術品専用車が輸送を行います。

仕事内容

営業や企画、ドライバーなど多くの職種があります。

営業

新規、既存のクライアントの案件を受注、提案を行います。クライアントとのヒヤリング、物流プランの作成、フォローなどトータル的にサポートを行います。

企画・営業開発

顧客の動向をヒアリングし、新たな商品の開発、営業手法の考案を行います。他部署と連携して、新たなサービスの開拓、運用を目指します。

管理

各部署の仕事が円滑に行えるよう財務、経理など会社の運営のサポートを行います。

運送

オフィス移転、警備運送、物流倉庫の整備、物流ドライバーなど取り扱う荷物、内容によって様々なドライバーが存在し、国内外を問わず物流のネットワークを繋いでいます。

勤務地(事業所・工場所在地)

次に勤務地を見てみましょう。世界中に事業所があります。

本社・支店

東京本社、名古屋支店、大阪支店、高松支店、広島支店、福岡支店、新潟支店、仙台支店など全国に344支店

海外事業所:アメリカ、イギリス、オランダ、ドイツ、シンガポール、インドなど世界45か国

平均年収

有価証券報告書によると、日本通運の平均年収は610万円でした。

30代の年収で、約490万円。50代だ平均で690万円なります。

ボーナスは30代前半で年間130万円。課長や部長など役職が変わるとさらに上がるでしょう。

平均年齢・勤続年数

有価証券報告書によると、日本通運の平均年齢は43.3歳、平均勤続年数は18.8年でした。

有給取得状況

公式HPによると、日本通運の有給休暇取得日数は昨年度年間6日間でした。

残業時間

公式HPによると、日本通運の残業時間は月平均31時間でした。

福利厚生

次に福利厚生を見ていきましょう。

住宅関係

全国各地の独身寮・社宅が利用できます。
勤務地近辺に整備されていない場合は、借り上げ住居を使用することが出来ます。

出産・育児

社員とその家族が利用できる保養施設を保有しています。
また、優待料金で利用出来る会員制保養所が全国に170ヶ所あり、その他契約保養所が全国に33ヶ所あります。

保険・資産形成支援制度

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険各種、社会保険、厚生資金貸付精度あり。

その他各種制度

特別休暇:10年目、20年目、30年目の勤続の年に10日間の休暇が付与されます。

評判・口コミ

日本通運に勤務する社員の方からの評判・口コミをまとめました。

年齢:30代 年収:430万円 職種:企画、事務系

長年の実績と評判があるので、急に傾くということはないでしょう。貨物輸送は物流の大事な役割を担っているので、業務の継続性は見込めると思います。

年齢:50代 年収:640万円 職種:管理系

基本は9時から18時までだが、営業店では8時から19時頃まで通常営業しており、早番・遅番で7時から22時までが基本勤務時間となっています。基本的に勤怠管理はコンピューターで行うので残業手当はしっかりと支払われます。

年齢:20代 年収:360万円 職種:企画系

私は営業店での業務であった為直接お客様と対応することに重きを置くので、お客様の満足する声などを聞くことができたときには達成感がありました。世界的な展示会の仕事に携われるのはやりがいを感じます。

まとめ

日本通運は世界中の貨物を陸・海・空の輸送業で繋げています。

本記事のまとめ
    1. トラック、鉄道、航空機、船を使って世界中の貨物輸送事業を行っている。
    2. オフィス移転、引っ越し、専門貨物の輸送業も行っている。
    3. 国内344支店、国外45か国にてグローバル展開をしています。
    4. 平均年収は610万円
    5. 福利厚生は1通り整っており、保養施設が全国にあるため、育児をしながら働きやすい環境が整っています。