東海旅客鉄道の年収や福利厚生を徹底解説!転職するためには?

東海旅客鉄道の仕事についてまとめました。

この記事では主に「年収、福利厚生、転職のコツ」についてまとめています。

会社概要

東海旅客鉄道の会社概要は以下となります。

会社名 東海旅客鉄道株式会社
設立年 1987年
従業員数 18,148人
本社所在地 愛知県名古屋市中村区名駅1丁目1番4号JR セントラルタワーズ
売上高 1兆8,781億3,700万円(2019年3月期)
当期純利益 4,387億1,500万円(2019年3月期)

事業内容

東海旅客鉄道は様々な事業を展開しています。具体的な事業内容をご紹介します。

新幹線鉄道事業

東海道新幹線は、東京~名古屋~大阪という日本の三大都市圏を結ぶ大動脈として、1964年の開業以来、約62億人のお客さまに半世紀以上にわたって利用されており、まさに日本経済の成長を支えてきたと言っても過言ではありません。

列車の運転本数はというと、開業時の毎時片道2本・1日平均60本から、約6倍近くの、1時間あたり片道最大15本・1日平均368本(2017年度。臨時列車を含む)と増便し、所要時間においては東京~新大阪間の最速達列車で、開業時の4時間から2時間22分へと約半分に短縮されており、輸送サービスでの大きな成長を遂げていると言えます。

在来線鉄道事業

JR東海(東海旅客鉄道)は、12線区の在来線名古屋・静岡地区を中心に運営しています。

営業キロは、なんと約1,400kmと東海道新幹線の約2.5倍の距離に相当し、日常生活の移動手段もしくは、通勤・通学の足として活躍しています。

そして、東海道新幹線と一体化するネットワークを組み、地域に愛される在来輸送サービスの提供をしています。

営業施策

一例として、「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンを紹介します。

この例は、当社で最も人気があり長く続くキャンペーンです。

テレビコマーシャルやポスター、ホームページ、パンフレットなどを通して、首都圏・中京圏から京都への観光需要を中心に取り組んでおり、桜や紅葉といった四季折々の風景に加え、京都の歴史や文化などをも紹介し、奥深い京都の魅力を幅広い層のお客さまに向けて発信しています。

具体的な旅行商品を、旅行会社各社と協力しながら、東海道新幹線の速さや便数の多さを最大限に活用し、日帰り型や宿泊型など、バリエーションに富んだラインナップで展開し、さまざまなお客さまの必要性に応えています。

関連事業

最近は、飛行機の利用も多くなっているため、将来を考えさらに安定した経営を維持すると共に、一層強固なものにしていくために、収益基盤の拡大を考えています。

そこで、JR東海はグループ会社と一体となり、「JRセントラルタワーズ」や「JRゲートタワー」など、駅近を十分に活かせる事業をはじめ、鉄道との相乗効果が期待できるような分野を中心に考えて事業の拡大を進めています。

仕事内容

「事務」「運輸」「車両・機械」「施設」「電気・システム」の5つの系統に分かれた、数多くの業務があります。

総合職

事務系

主に人事、経営企画、財務、総務、広報、営業、関連事業などさまざまな業務があります。

施策の立案・企画・推進を行うことで、マネジメント能力を高めています。

時には、社員教育や職場の経営管理を担うこともあります。

運輸系

運輸系統は、鉄道輸送に関わるさまざまな業務があります。

幅広い部門でマネジメント業務を行うことになります。

運輸系統の計画部門や現業機関を引っ張っていくほか、中央新幹線・リニアによる将来の輸送体系の展開など、長期にわたる企画推進業務があります。

またここでも、投資計画策定をはじめとする経営企画、安全対策、営業、人事、広報などの幅広い仕事を行いっています。

車両・機械系

業務は、鉄道車両(新幹線・在来線)、超電導リニア、機械、技術開発があります。

他に、将来を見据え投資計画策定をはじめとし、経営企画、営業、総務、広報、人事、安全対策といった分野での仕事がどの業務にもついてきます。 

施設系

鉄道技術者として、施設系統業務を中心として基盤を置きつつ、技術的見地から会社施策を提言し、遂行します。

調査・計画から建設工事、保守・点検、技術開発はもちろんのこと、総合職として同じく、投資計画策定を中心とした総務・人事・経営企画・関連事業・広報・安全対策といった幅広い仕事場での活躍を期待されています。

電気・システム系

高いマネジメント能力を発揮し、電気・システム関連の会社施策の立案、企画、推進業務があります。

鉄道事業、情報システム、建設工事、技術開発、超電導リニアの推進業務が任されることもあります。

勤務地(事業所・工場所在地)

次に勤務地を見てみましょう。全国に事業所があります。

本社・支店

東海鉄道事業本部(名古屋)、静岡支社、新幹線鉄道事業本部(東京)、関西支社

工場

名古屋工場、浜松(静岡)工場

研究所

小牧総合技術研究所(愛知)

海外拠点

ワシントン事務所、ロンドン事務所、シドニー事務所、他3ヵ国、に加え、国際鉄道連盟(200ヵ国)加盟

平均年収

有価証券報告書によると、東海旅客鉄道の平均年収は735万円でした。

30代の年収で、約520万円。50代だ平均で800万円なります。

ボーナスは30代前半で年間152万円。課長や部長など役職が変わるとさらに上がるでしょう。

平均年齢・勤続年数

有価証券報告書によると、東海旅客鉄道の平均年齢は36.9歳、平均勤続年数は15.6年でした。

有給取得状況

キャリコネによると、東海旅客鉄道の有給休暇消化率は59%でした。

残業時間

キャリコネによると、東海旅客鉄道の残業時間は月平均28.4時間でした。

福利厚生

次に福利厚生を見ていきましょう。

住宅関係

  • 独身寮:食堂、大浴場あり
  • 社宅:平野社宅10号棟(大阪)
  • 他にも、東京、静岡、名古屋、関西地区などの当社事業エリア内に寮や社宅があり

出産・育児

  • 妊娠休暇:5ヶ月~小学校にあがるまで
  • 産前産後休業:9週間
  • 育児休業:子どもが3歳になるまで
  • 育児短時間勤務制度:あり

保険・資産形成支援制度

  • 各種社会保険:厚生年金保険、健康保険、労働保険(労災・雇用)
  • JR東海福祉会 

その他各種制度

  • 社内クラブ・同好会あり
  • 全国に所在する多数の宿泊施設およびスポーツ施設、レジャー施設などを優待利用可

評判・口コミ

東海旅客鉄道に勤務する社員の方からの評判・口コミをまとめました。

年齢:50代 年収:842万円 職種:技術職

数年前までは、年功序列の風潮が強かったが、最近では、昇格試験に合格する必要があります。

年齢:30代 年収:700万円 職種:総合職

給与について不満はありません。

福利厚生がしっかりしていて、安定した生活が送れてると思います。

年齢:20代 年収:624万円 職種:管理職

報酬としては他社と比較して割といい程度です。

人事制度が改正され若手に手厚い賃金制度にななりました。

それほど残業もなく、プライベートも守られていると思います。

東海旅客鉄道の年収や福利厚生まとめ

日本の大動脈と社会基盤の発展に貢献するために力を尽くしています。

東海旅客鉄道は鉄道事業・関連事業の2つを柱とし、安心安全・運輸サービスを提供すること輸送分野の発展に貢献しています。

本記事のまとめ
    1. 事業内容
      ・新幹線鉄道事業
      ・営業施策事業
    2. 仕事内容
      ・総合職
      ・電気・システム職
    3. 平均年収・ボーナス
      平均年収:735万円
      ボーナス:30代前半で年間152万円
    4. 有給取得状況・残業時間
      有給休暇消化率:59%
      残業時間:月平均28.4時間
    5. 福利厚生
      住宅関係:独身寮あり、社宅(例:平野社宅10号棟など)
    6. 産・育児:妊娠休暇:5ヶ月~小学校にあがるまで
    7. 保険・資産形成支援制度:厚生年金保険、健康保険、労働保険(労災・雇用)
    8. その他:多数の宿泊施設およびスポーツ施設、レジャー施設などを優待利用