日本碍子の年収や福利厚生を徹底解説!転職するためには?

日本碍子の仕事についてまとめました。

この記事では主に「年収、福利厚生、転職のコツ」についてまとめています。

会社概要

日本碍子の会社概要は以下となります。

会社名 日本碍子株式会社
設立年 1919年
従業員数 4,119人
本社所在地 愛知県名古屋市瑞穂区須田町2-56
売上高 4,635億円(2019年3月期)
当期純利益 644億円(2019年3月期)

事業内容

日本碍子は様々な事業を展開しています。具体的な事業内容をご紹介します。

電力関連事業

ガイシ事業

高品質な送電、変電、配電用がいし関連機器の製造、販売を行っています。

「がいし」とは、送電線と鉄塔を繋ぎ、高圧電流を直接電線に流れこませないように、漏らさないようにするための、セラミック製の絶縁体です。

世界最高の100万ボルト級の送電線にも対応できる「送変電がいし」を製造しています。

生産能力は世界最大です。

NAS事業

長期間にわたり安定した電力供給が可能な蓄電池「NAS電池」の製造、販売を行っています。

メガワット級の電力が貯蔵でき、寿命が長く、サイズがコンパクトなのが特徴です。

気象に左右されやすい風力・太陽光発電では、先にNAS電池に充電してから放電することで出力の安定ができ、再生可能エネルギーの普及に有用な蓄電池として世界中で注目されています。

セラミックス事業

ガソリン自動車の排ガス浄化に不可欠な「ハニセラム」の製造、販売を行っています。

「ハニセラム」は排ガス中の有害物質を無害にする触媒で、世界トップシェアです。

直噴エンジン(ガソリンを高圧で噴射するエンジン)で発生する大気汚染の原因となる粒子状物質(PM)の捕集機能が付いたフィルターの製造も行っています。

エレクトロニクス事業

電子部品事業

独自のセラミック技術を駆使し、圧電マイクロアクチュエーター電子回路部品・基板、照明用の部品などを製造、販売しています。

圧電アクチュエーターは、力を加えると変形して電圧を発生する性質を生かしたものです。

用途としては、自動車やテレビ、パソコン、携帯電話などの電化製品や医療用製品、工業用製品などです。

金属・金型事業

電子部品である、コネクターやソケットの金属材料や様々な金属製品を提供しています。

主に、「ベリリウム銅合金」の製造と販売を行っています。

ベリリウム銅合金は、伝導性・伝熱性に優れ、強度と耐久性も持ち合わせています。

用途としては、家電や携帯電話、自動車、産業機器などです。

プロセステクノロジー事業

HPC事業

半導体製造装置に利用される、静電チャックやヒーター、部品などの製造、販売を行っています。

静電チャックとは、電圧をかけ、電極と対象物の間に発生するクローン力により吸着する道具です。

産業プロセス事業

様々な製造工程に必要な機器や装置の製造、販売を行っています。

例えば、セラミック製品を製造するための焼成炉や乾燥炉の「加熱装置」、精密ろ過・分離・濃縮などができる「膜分離装置」、トラックやバスなどの排ガスに含まれる黒煙微粒子を除去する「DPF洗浄装置」、放射性廃棄物を外部にもらさず適切に処理する装置などです。

環境保全や低エネルギーの需要に対応できる製品を提供しています。

仕事内容

研究開発や設計、営業など多くの職種があります。

研究開発

製品出荷のための原料の化学分析や、材料の評価をする装置の技術を保つことを行っています。

今後開発される製品に対応できるような高度な技術の設定を行うには創意工夫が必要になります。

基本的なデータの収集に加え、外部からも広く知識を求める必要があります。

検査工程設計開発

自社製品の検査工程の設計検査装置の開発を行います。

今まで目視で検査をしていた項目に対して、自動化を進めています。

最終段階の外観検査や寸法・形状の測定検査をカメラなどの画像で処理する技術を用いた検査機器の導入仕様の検討・設計を行います。

設計設備

生産設備の開発、機械設計、制御設計、試運転業務、プラント設計業務を行います。

設備仕様の決定までには、基礎評価を繰り返し、量産化まで行い、その後は工程や作業を分析し(IE分析)業務工程の改善まで取り組みます。

製造プロセス

世の中になく、未来を見据えた新技術の開発を行っています。

製品化できるか、どんなプロセスで進めていくか、コストはどれくらいか、どんな設備が必要かなどを実験検討を重ね行っていきます。

その他に、製造現場の生産課題の改善を支援しています。

品質保証

製品が顧客の要望に添ったものになっているかを過酷環境化で試験しています。

その他、製品の品質維持のため、製品開発から製造まで、定められたルールの基行われているか内部監査の実施品質管理システムの整備や改善も行っています。

営業

電力会社発電所鉄道会社工事会社などへ製品の販売促進や納入した製品のメンテナンス提案、顧客や他社の動向調査、価格決定、納期調整、問い合わせ全般を行っています。

海外営業の場合は月1回以上の出張もあります。

企画

工場の予算作成業績の管理などを行います。

営業分門が出す売上予測に基づき、最も利益が出る工場の動かし方を考え、予算作成を行います。

計画に対して実態の確認をし、現場従業員と収益性を高める手段を考えます。

勤務地(事業所・工場所在地)

次に勤務地を見てみましょう。全国に事業所があります。

本社・支店

例)東京本社、大阪支店(支社)

本社(愛知)、知多事業所(愛知)、小牧事業所(愛知)東京本部、大阪支社、札幌営業所、仙台営業所、北陸営業所(富山)、広島営業所、高松営業所、福岡営業所

工場

石川工場

研究所

電力技術研究所(愛知)

海外拠点

北米・中米:アメリカ、カナダ、メキシコ

ヨーロッパ・アフリカ:イギリス、ドイツ、ベルギー、フランス、ポーランド、南アフリカ

アジア・オセアニア:中国、韓国、インド、インドネシア、タイ、オーストラリア

平均年収

有価証券報告書によると、日本碍子の平均年収は788万円でした。

30代の年収で、約733万円。50代だ平均で901万円なります。

ボーナスは30代前半で年間128万円。課長や部長など役職が変わるとさらに上がるでしょう。

平均年齢・勤続年数

有価証券報告書によると、日本ガイシの平均年齢は38.7歳、平均勤続年数は13.5年でした。

有給取得状況

女性の活躍推進企業データベースによると、日本碍子の有給休暇消化率は72.5%でした。

残業時間

女性の活躍推進企業データベースによると、日本碍子の残業時間は月平均23.8時間でした。

福利厚生

次に福利厚生を見ていきましょう。

住宅関係

  • 独身寮
  • 社宅
  • 住宅資金利子補給

出産・育児

  • 産前産後休暇制度
  • 育児休職制度:子が1歳に達する月度の末日まで。
  • 育児短時間勤務制度:子が小学校4年生になる4月度まで。
  • 看護休暇制度
  • ベビーシッター費用補助:年間10万円上限(規定あり)
  • 保活コンシェルジュ:子を保育所に入所させ、職場復帰するためのサポート。

保険・資産形成支援制度

  • 各種社会保険
  • 共済会
  • 財形貯蓄
  • 持株会

その他各種制度

  • 介護休職制度
  • 介護休暇制度
  • 介護短時間勤務制度
  • 再雇用制度
  • 保養所

評判・口コミ

日本碍子に勤務する社員の方からの評判・口コミをまとめました。

年齢:40代 年収:700万円 職種:設計系

比較的やりたい事を自由にやらせてもらえます。

年齢:30代 年収:600万円 職種:営業系

リスクを取ることはあまり好まず、どの事業も短期・中期的には堅実な社風です。

年齢:20代 年収:500万円 職種:技術系

若いうちから大きなプロジェクトを任せてもらえます。

日本碍子の年収や福利厚生まとめ

日本碍子はセラミック技術を中心に、エネルギー・エコロジー・エレクトロニクスの事業領域において、社会と地球環境保全に貢献しています。

本記事のまとめ
    1. 事業内容
      ・電力関連事業
      ・セラミックス事業
      ・エレクトロニクス事業
      ・プロセステクノロジー事業
    2. 仕事内容
      ・研究開発
      ・検査工程設計開発
      ・設計設備
      ・製造プロセス
      ・品質保証
      ・営業
      ・企画
    3. 平均年収・ボーナス
      平均年収:788万円
      ボーナス:30代前半で年間128万円
    4. 有給取得状況・残業時間
      有給休暇消化率:72.5%
      残業時間:月平均23.8時間
    5. 福利厚生
      住宅関係:独身寮、社宅、住宅資金利子補給
      出産・育児:産前産後休暇制度、育児休職制度、育児短時間勤務制度、看護休暇制度、ベビーシッター費用補助、保活コンシェルジュ
      保険・資産形成支援制度:各種社会保険、共済会、財形貯蓄、持株会
      その他:介護休職制度、介護休暇制度、介護短時間勤務制度、再雇用制度、保養所