DOWAホールディングスの年収や福利厚生を徹底解説!転職するためには?

DOWAホールディングスの仕事についてまとめました。

この記事では主に「年収、福利厚生、転職のコツ」についてまとめています。

会社概要

DOWAホールディングスの会社概要は以下となります。

会社名 DOWAホールディングス株式会社
設立年 1937年
従業員数 6,600人
本社所在地 東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX22階
売上高 4,529億円(2019年3月期)
当期純利益 149億円(2019年3月期)

事業内容

DOWAホールディングスは様々な事業を展開しています。具体的な事業内容をご紹介します。

環境・リサイクル事業

廃棄物処理土壌浄化作業資源リサイクル業取集運搬などの物流業を行い、廃棄物処理の最初から最後まで一連で作業を提供しています。

国内外にある中間処理施設と最終処理施設にて、鉱山・製錬業で育んだ技術を駆使し、徹底的に管理をし、環境に負担をかけない最適な方法で処理を行っています。

処理許可を得ている品目は、産業廃棄物である汚泥や廃プラスチック、廃油や木くずなど20種類を始め、特別管理産業廃棄物である、感染性産業廃棄物や水銀、鉛、ダイオキシン含有物などの有害産業廃棄物までほぼ全てに対応しています。

製錬事業

20種類以上の金属を回収し、製造・リサイクル・販売を行っています。

使用済みパソコンや携帯電話などの基板から不純物を取り除き、有価金属である金や銀などを生産しています。

その他、自動車の排ガス浄化のために利用する、プラチナやパラジウムを使用済みの触媒からリサイクルして生産しています。

主な製品としては、金・銀・銅・亜鉛・鉛・インジウム・プラチナ・パラジウム・ロジウム・すず・アンチモン・粗硫酸ニッケル・ビスマス・テルル・硫酸です。

電子材料事業

電子機器向けの半導体材料導電材料電池材料磁性材料などの製造と販売を行っています。

製錬事業で回収した様々な副産金属に加工をし生産しています。

高純度ガリウムは、LEDなどにも使用され、世界トップシェアを獲得しています。

主な製品としては、高純度金属材料・ガリウムヒ素基板・LED・銀粉・銅粉・メタル粉・キャリア粉・フェライト粉です。

金属加工事業

銅や亜鉛を原料とする伸銅品銅合金などの製造と販売を行っています。

自動車や情報機器などでは強度耐熱性加工性に優れたコネクターやリードが必要とされており、高性能な銅合金を世界的に提供しています。

主な製品としては、銅・黄銅・銅合金の条(コイル状に巻かれた形状の製品)、ニッケル系合金条、条めっき、貴金属めっき加工品、セラミック基板です。

熱処理事業

工業炉の製造をはじめ、自動車部品などの金属材料の熱処理表面加工処理熱処理加工の設備の設計や製造と販売、メンテナンスを行っています。

自動車のエンジンや機械の回転部など、厳しい環境で使用される金属部品は、耐用性向上の為に熱処理が必要不可欠になります。

表面加工処理に関しては、約20種類の金属の加工を受託しています。

仕事内容

研究開発や生産、営業など多くの職種があります。

研究開発

既存製品の特質を改善した製品の開発処理方法の開発をはじめ、社内外で起きた品質的な問題の技術支援を行っています。

製品の開発では、計画を立て、条件などの検討をし、実験を行い、評価・考察を繰り返しています。

その他に、特許出願や他社の特許調査など、知的財産の対応にも取り組んでいます。

資源開発

地質屋として、鉱物が地中に集まっている鉱床(こうしょう)を発掘し、新しく鉱山を立ち上げることに取り組んでいます。

素材を安定供給する事は、日本や世界の産業を支えていると言えます。

必要な能力としては、地質学や鉱床学の知識と、語学力、ステークホルダーと密接に関わることからコミュニケーション能力も重要になります。

生産技術

工場が安定して効率的に稼働するように、設備のメンテナンス改造を行っています。

より良い設備を作るために、チームでアイデアを出し合い、自ら設計をし、様々な問題や課題に取り組んでいます。

その他、研究開発に必要な大量生産が出来る設備を作るため、研究開発者と製造部門との橋渡しも行っています。

製造

鉱石やリサイクル原料などの品位を向上させ、次の工程へ送り出す作業から、生産ラインの操業管理トラブル対応などに取り組んでいます。

その他、QCD改善にも取り組んでいます。

QCDとは、「Quallity」「Cost」「Delivery」の略で、日本語では「品質」「コスト」「納期」の意味で、スムーズな生産活動のための生産管理のことです。

企画

既存事業の拡大新規事業の創案に取り組んでいます。

近年では、海外での事業拡大に力を注いでおり、インドネシアやタイなどに拠点を持ち、未進出の国や地域への事業提案を行っています。

営業

製品の拡大販売戦略や顧客との関係構築が主な仕事です。

顧客のニーズやトレンドに沿った商品の提案を、取引先である商社だけでなく、その先の商品を使用する顧客への訪問も行い、生の声を聞く事も大切になります。

勤務地(事業所・工場所在地)

次に勤務地を見てみましょう。全国に事業所があります。

本社・支店

本社(東京)

卯根倉鉱業株式会社(秋田)、DOWAテクノリサーチ株式会社(秋田)、秋田工営株式会社(秋田)、DOWAテクノエンジ株式会社(岡山)、陽和工営株式会社(岡山)、DOWA興産株式会社(岡山)

海外拠点

北米・中米:アメリカ、カナダ、メキシコ

ヨーロッパ:ドイツ、チェコ

アジア:中国、タイ、インドネシア、シンガポール、ミャンマー、台湾、インド

平均年収

有価証券報告書によると、DOWAホールディングスの平均年収は827万円でした。

30代の年収で、約698万円。50代だ平均で907万円なります。

ボーナスは30代前半で年間126万円。課長や部長など役職が変わるとさらに上がるでしょう。

平均年齢・勤続年数

有価証券報告書によると、DOWAホールディングスの平均年齢は44.1歳、平均勤続年数は17.6年でした。

有給取得状況

公式HPによると、DOWAホールディングスの有給休暇消化率は70%でした。

残業時間

女性の活躍推進企業データベースによると、DOWAホールディングスの残業時間は月平均19.2時間でした。

福利厚生

次に福利厚生を見ていきましょう。

住宅関係

  • 寮:全国事業所周辺にあり
  • 社宅:全国事業所周辺にあり
  • 住宅手当
  • 住宅提携ローン

出産・育児

  • 産前産後休暇
  • 育児休暇
  • 育児短時間勤務制度
  • 子の看護休暇:5日

保険・資産形成支援制度

  • 各種社会保険
  • 共済会
  • 財形貯蓄
  • 持株会

その他各種制度

  • 介護休暇
  • 保養所
  • メンタルヘルスカウンセリング:臨床心理士による電話の専用ダイヤル設置
  • リフレッシュ休暇
  • ボランティア休暇

評判・口コミ

DOWAホールディングスに勤務する社員の方からの評判・口コミをまとめました。

年齢:40代 年収:700万円 職種:技術系

若いころから責任のある仕事を任せてもらえ、非常にやりがいを持てます。

年齢:30代 年収:650万円 職種:営業系

評価がきちんとされており、ボーナスや昇給に差が出るため、将来的にもかなり影響します。

年齢:20代 年収:350万円 職種:製造系

色々な仕事を任せてもらえます。

DOWAホールディングスの年収や福利厚生まとめ

DOWAホールディングスは次世代へのより良い地球環境継承のため、資源循環社会の構築に取り組み、環境保全に貢献しています。

本記事のまとめ
    1. 事業内容
      ・環境・リサイクル事業
      ・製錬事業
      ・電子材料事業
      ・金属加工事業
      ・熱処理事業
    2. 仕事内容
      ・研究開発
      ・資源開発
      ・生産技術
      ・製造
      ・企画
      ・営業
    3. 平均年収・ボーナス
      平均年収:827万円
      ボーナス:30代前半で年間126万円
    4. 有給取得状況・残業時間
      有給休暇消化率:70%
      残業時間:月平均19.2時間
    5. 福利厚生
      住宅関係:寮、社宅、住宅手当、住宅提携ローン
      出産・育児:産前産後休暇、育児休暇、育児短時間勤務制度、子の看護休暇
      保険・資産形成支援制度:各種社会保険、共済会、財形貯蓄、持株会
      その他:介護休暇、保養所、メンタルヘルスカウンセリング、リフレッシュ休暇、ボランティア休暇