㈱ファミリーマートの年収や福利厚生を徹底解説!転職するためには?

㈱ファミリーマートの仕事についてまとめました。

この記事では主に「年収、福利厚生、転職のコツ」についてまとめています。

会社概要

㈱ファミリーマートの会社概要は以下となります。

会社名 株式会社ファミリーマート
設立年 1981年
従業員数 15,139人
本社所在地 東京都港区芝浦3-1-21
売上高 6,171億円(2019年2月期)
当期純利益 453億円(2019年2月期)

事業内容

㈱ファミリーマートの具体的な事業内容をご紹介します。

コンビニエンスストア事業

国内外において、直営店とフランチャイズシステムによるコンビニエンスストアを展開しています。

伊藤忠グループに属しており、商品や供給についてアドバイスやサポートを得ています。

国内に約17,000の店舗を構え、店舗数では国内第2位です。

2018年には、都内3店舗で、ディスカウントストア「ドン・キホーテ」のノウハウを取り入れた売り場作りや運営手法により、コンビニエンスストアでは脅威の5,000アイテムの品揃えの店舗作りを成功させました。

また、同2018年度から、商品納品時に行う、検品作業の簡略化の為「検品レス」に取り組み、作業時間削減を実現しました。

強化している商品としては、2017年から開始した総菜シリーズ「お母さん食堂」や、2018年より新型マシーンを導入した、挽きたてコーヒーの「FAMIMA CAFE」などです。

新規事業

気軽に立ち寄れるフィットネスジムをコンセプトに、いつでも好きな時に利用できる「ドリームアスリートハウス」が監修した専用アプリを構築し、トレーニングのナビゲーションを行っています。

その他、共働き世帯の家事負担軽減の為、コンビニエンスストアとコインランドリーを一体とした店舗の実現もしています。

仕事内容

スーパーバイザーや商品開発、マーケティングなど多くの職種があります。

スーパーバイザー

加盟店を訪問し、売上や利益向上の為の店舗運営や経営のコンサルタント業務を行います。

オーナーや店長、ストアスタッフに寄り添い、店舗の発展に取り組みます。

店舗の人材育成や戦力化の支援から、周辺地域の市場調査、市場に合った店舗作りの提案と実施、検証を行います。

オーナーや店長、ストアスタッフと、どれだけ信頼関係が構築できるかが鍵となります。

店舗開発

車と徒歩で不動産会社や開発業者などから地域の情報収集をし、土地ごとのマーケットを分析し、出店するエリアと場所を決め、新店舗開店に向けて取り組みます。

近年では、異業種業態との一体型店舗の出店を行うこともあります。

開店決定後は、地主と賃貸契約を行い、建設部と連携し工事を進め、同時に加盟候補者募集なども行います。

商品開発

顧客に満足してもらえ、会社の売り上げに貢献できる質の良い商品作りに取り組んでいます。

新商品開発の為には、常にアンテナを張り、市場に赴き、取引先や同僚と検討・協力し、開発を進めます。

情報収集力と発想力が必要な仕事になります。

物流

商品仕分業務や配送業務を行っている物流業務委託先の管理や指導を行います。

1日に数回、定められた時間に商品を配達する為、配送センターと連携し、道路工事などの交通状況を把握し、問題なく店舗へ届けられるよう取り組みます。

品質管理

法律で定められた基準会社独自で定めた基準に基づいて商品が作られているか管理をします。

工場の衛生面や安全面の環境整備の番人です。

関係部門や委託先への助言や指導も行います。

マーケティング

様々なデータの分析を行います。

POSデータ市場調査顧客のニーズや動向などを分析し、商品開発キャンペーンを年単位で計画し、実施します。

POSデータとは、店舗のレジで商品が売れた時に記録されるデータの事です。

月に1度3万人に、利用頻度や認知度などの調査を行い、セールやキャンペーン実施後の結果検証なども行います。

店舗サポート

スーパーバイザーとQSCトレーナーのサポート店舗運営の支援が主な仕事です。

QSCとは、クオリティー(品質)、サービス、クリンリネス(清潔さ)です。

店舗の状況を把握し、課題の改善やQSC向上に向け、OJT研修や、ストアスタッフ向けの福利厚生の立案など直接支援を行います。

災害が起きた際の店舗内外の掃除や商品陳列、店舗の営業サポートも行います。

勤務地(事業所・工場所在地)

次に勤務地を見てみましょう。全国に事業所があります。

本社・支店

本社:東京

店舗

北海道、東北:北海道236店、青森202店、岩手184店、宮城349店、秋田148店、山形144店、福島176店

関東:茨城330店、栃木221店、群馬120店、埼玉776店、千葉625店、東京2,437店、神奈川991店

甲信越:山梨81店、長野264店、新潟177店

北陸:富山156店、石川248店、福井151店

東海:岐阜342店、静岡489店、愛知1,567店、三重394店

関西:滋賀158店、京都327店、大阪1,349店、兵庫530店、奈良145店、和歌山115店

中国:鳥取71店、島根67店、岡山235店、広島267店、山口91店

四国:香川124店、愛媛234店、徳島83店、高知104店

九州、沖縄:福岡527店、佐賀73店、長崎152店、熊本198店、大分119店、宮崎121店、鹿児島275店、沖縄326店

海外拠点

店舗数7,605店

平均年収

有価証券報告書によると、㈱ファミリーマートの平均年収は667万円でした。

30代の年収で、約586万円。50代だ平均で661万円なります。

ボーナスは30代前半で年間86万円。課長や部長など役職が変わるとさらに上がるでしょう。

平均年齢・勤続年数

有価証券報告書によると、㈱ファミリーマートの平均年齢は43.5歳、平均勤続年数は9.7年でした。

有給取得状況

女性の活躍推進企業データベースによると、㈱ファミリーマートの有給休暇消化率は54.2%でした。

残業時間

女性の活躍推進企業データベースによると、㈱ファミリーマートの残業時間は月平均18.1時間でした。

福利厚生

次に福利厚生を見ていきましょう。

住宅関係

  • 借上社宅:家賃の1/3から半額程度の自己負担

出産・育児

  • 妊娠時短勤務:妊娠12週から産前休暇までの間
  • 産前産後休業:産前6週、産後8週、最長18週取得可能
  • 配偶者出産休暇:子の出産時
  • すくすく休暇:子が小学校1年生学年末まで、連続で5日間、毎年取得可能
  • 育児休業:子が4歳になるまで
  • 育児短時間勤務制度:子が中学3年生の学年末まで
  • 社会保険料免除:産前休暇から育児休暇中
  • 看護休暇制度:就学前の子の病気看病時に年5日まで取得可能
  • すくすくサポート:子が1歳までに復職した場合、保育料の補助あり
  • すくサポプラス:子が1歳までに復職した場合で保育園に入園できない場合、ベビーシッター費用の補助あり

保険・資産形成支援制度

  • 各種社会保険
  • 共済会

その他各種制度

  • セクシャルハラスメント、パワーハラスメント相談窓口
  • Family Day:社員家族向けの職場理解と日頃の感謝を伝えるイベント
  • 澤田めし:社員と澤田社長の交流の場
  • コミュニケーションエリア:本社内休憩室内に、卓球台やマッサージチェア、トレーニングマシーンを設置
  • 職場コミュニケーション企画:社員同士のコミュニケーションを円滑にするためのイベント企画に対して、会社から補助あり

評判・口コミ

㈱ファミリーマートに勤務する社員の方からの評判・口コミをまとめました。

年齢:40代 年収:600万円 職種:営業系

入社1.2年目は店舗で運営と経営について学びます。

有給休暇は取りやすいです。

年齢:30代 年収:600万円 職種:スーパーバイザー

小売業の中では、給与は高い方です。

加盟店と協力して、利益やモチベーションを作り出せます。

年齢:20代 年収:400万円 職種:店長

メンタルの強い人でないと仕事は続かないでしょう。

㈱ファミリーマートの年収や福利厚生まとめ

いつでも欲しい物が揃い、誰もが安心して暮らせるような場所を目指し、人や地域に寄り添う一軒の商店として貢献しています。

本記事のまとめ
    1. 事業内容
      ・コンビニエンスストア事業
    2. 仕事内容
      ・スーパーバイザー
      ・店舗開発
      ・商品開発
      ・物流
      ・品質管理
      ・マーケティング
      ・店舗サポート
    3. 平均年収・ボーナス
      平均年収:667万円
      ボーナス:30代前半で年間86万円
    4. 有給取得状況・残業時間
      有給休暇消化率:54.2%
      残業時間:月平均18.1時間
    5. 福利厚生
      住宅関係:借上社宅
      出産・育児:妊娠時短勤務、産前産後休暇、配偶者出産休暇、すくすく休暇、育児休業、育児短時間勤務制度、社会保険料免除、看護休暇制度、すくすくサポート、すくサポプラス
      保険・資産形成支援制度:各種社会保険、共済会
      その他:セクシャルハラスメント、パワーハラスメント相談窓口、FamilyDay、澤田めし、コミュニケーションエリア、職場コミュニケーション企画